結露対策

毎年冬場に悩まされる結露対策のための装置を作ってみました。
簡単な機能を紹介します。詳細や実際に使用した効果などは、後日公開します!

Arduinoと温湿度センサーでファンを制御、ケースはレゴブロックで作成しています。写真左側のセンサーボックス内の温湿度センサーで結露になりそうな状況を判断し、右側のクロスフローファンを制御することで、窓とカーテンとの間の停滞した空気を循環させ、結露が起こりにくい環境にします。

センサーボックス内部の様子。WiFi経由でセンサー情報やファンの制御状況を一定間隔でクラウドにアップロード。いつでもどこでも、スマホから確認可能です。

 

 

 

ファンはクロスフローファンを使用、カーテンと窓の間に設置します。
空気の取り込み口は上面ですが、上面をレゴブロックで吹き出し口とは反対方向から取り込めるようにし、カーテンの室内側からの空気を取り込みます。

コメントを残す